2006年05月30日

教育基本法改定のことなど

どこで書こうかと迷いながら、しゅーさんのところに書いたものですが、
より自由に考えるために自分ちに持って帰ってきました。
(誤字脱字は修正しましたm(__)m)

問題のひとつは、本来家庭や地域、学校で教育するべき心の持ち方を
国家が方向づけてもいいものなのかどうかってことですね。

今の社会はどうもおかしいと声を上げている人たちはたくさんいます。
現実に日本の伝統的な家庭の形とか縦の流れでつながってきた教え、
社会的なルール、常識が寸断されて、このまま何もせずにいると
将来の日本(国を形成する一人一人の集まり)が危ない。
どこから手をつければいいか。
教師や親の話を聞くのは当たり前と思えない子供を減らそうと思ったら、
少なくとも今のままではいけない。
でもこうしている間にもモラルの低い大人が(あるいは大人になりきれていない人でも)
親になってしまって、きちんと家庭で教育されないままの子供たちが学校に入り、
勉強の意味もわからないまま社会にあふれ出し、また親になる。
とにかく動き出さなくてはと私も感じます。
教育基本法の改定は「想像力を働かせて起こす」ひとつのアクションだと思います。

「愛国心」という言葉の方に世間の耳目が集まっているようですが
現行教育基本法と比べて「共生」を意識させる新案を、私は評価します。
「自他の敬愛」という本来国が明文化するまでもない基本的な感情さえ
もてない人が多い現状では
社会秩序の持続も危ういのではないかと考えられるのです。


そうして、前に前に向かう力が働く時には、ちょっと待って、もっと考えてと言う声を
あげる人の存在が絶対必要です。そういう声を考慮に入れ、抗いながら、引きずりながら、
少しずつでも動いていくけれど、全体としてバランスが取れるという状態がいいと思う。


今回、教育基本法について調べてみて「わが国と郷土を愛する」自体に反論している方がたくさんいることがわかりました。
これが戦争に直結するという文章に多く出会いました。
そこから私とは考え方が違うんだなぁ。。。
最終的には反対する人の声の方が大きくなって改正案が通らなかったり、
案が通っても私が今考えてるより強く縛られることになったとしても
「一切空」が結構大きく私の頭の中にはあるので決定事項は受け留め、
その中でできることを探し足掻くことになるかもしれません。

人間は一人で生きてるんじゃない、お互いに助け合って生きてるんだ
だからうまく支えあって生きていくための心の持ちよう、ルールは
ある程度必要だと感じています。
だけど今巷には犯罪のニュースがひっきりなしに流れている。
「豊かな情操と道徳心」「自他の敬愛」が一人一人の中に育てば
少しは生きやすい世の中になるかもしれない、と思うのは現実離れしてるでしょうか。

何年もずーっと思ってた。今のままではダメ。
道徳の時間をほかの教科に振り替えて学校で道徳を教えなくなってきた。
個人の価値を尊び、我が子よりも自己実現を重要視する人が増えた。
家庭の教育力が落ちてきた。
どうやったら「共生してるんだ」と意識できるだろう。

講演会、懇談会、新聞、書籍、TV、インターネット、いろんな方法があるけど
本当に意識してほしい人はそんな話題には触れようとしない。
いつ、どの時点なら耳が開くだろう。
誰もが受ける(はずの)義務教育の頃ならいけるだろうか。

一人一人の力は小さくても、何もしないよりはましなんじゃないかぐらいの気持ちでいたけど
みんなが見るところ(法)に目標を掲げることで「人としてのいいかたち」がはっきりすることは、私はいいことだと感じる。・・・情操豊かで道徳心を持った、自分の立ち位置である「国」を大切にする姿を、おかしいと思う人もいるようですが。。。

・・・
実際具体的に行動するのは担任で、「豊かな情操と道徳心」をどう育てるか
どれだけ期待できるかはわからないのだけど。

もし「今のままでいい」という人の声の方が大きくなって改正法案が通らなかったとしても
これを機会に誰が何をどう変えていけばいいか、考える人が増えるといいな、と思います。

資料 http://seijotcp.hp.infoseek.co.jp/edu.html

【関連する記事】
posted by ぴよ♪ at 09:09| Comment(6) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、ぴよ♪さん
こういう風にある意味政治的なお話をすることは今までなかったですよね。
ぴよ♪さんみたいに真剣に考え、悩みそして少しでも現状が少しでも良くなるように願って、改正案を支持している人がいるって知ることができて良かったです。コメントしてくださってありがとうございます。

また書きます(^^♪

>>決定事項は受け留め、
その中でできることを探し足掻くことになるかもしれません。

そうですね。同じくです。

共生というのは重いテーマだと思いました。自分のBLOGでぴよ♪さんに対して最初に軽々しいコメントをしてしまって申し訳ありませんでした。大学から戻って削除するか修正しようかなとか考えていたんですよね。ちょうどインターネットから少し離れようと思ったときだったので。やっぱネット上では凄いお調子者になります。自覚しているつもりでも直らない。だいぶ直ったかなとおもってもやっぱり同じ。自分以外はどうでもいいと思ってるんです。ネットから離れても直らないとは思うのですが、目の前のことを少しずつ片付けていきます。ぴよ♪さんは芯があるなあって、あれは素直な感想です。

そんなことを今日、大学にいるときに考えてました。あ、でも最近ほんと調子はいいんです。身体もよく動くし、なんていうか風景もよく見えるし、すーっというあまり途切れなく集中できるんです。でも、ネットをしていると呼吸の回数もかなり多いってこともすぐには気づかないほどに、地に足がついていないです。普通、すぐ気が付くんですけど。

「共生」ってみんな探しているのかもしれませんね。うまくいく方法を。

教育基本法は、それでも、現行を支持しておきたいと思います。そしてもっともっと議論が広がって、共生のヒントが生まれてくることをぴよ♪さんとともに願おうと思います。

それでは(^_^)
Posted by shooting_stars at 2006年05月30日 20:11
♪しゅーさん
こちらまで来ていただいて、すいません、どうもありがとう(^^*)

最初のコメント、うれしかったですよ。
前にも言ったように私はその人の歴史を知ることが好きだから
しゅーさんのナラティブストーリー(…っていうんですね、わからなかったので調べちゃいました。勉強になりました^^)を聞けるのはとてもうれしいです^^

だから、しゅーさんちの更新が止まるのはすごく悲しいです。
もしかして私が要らんところに突っ込みを入れたからか?書き方がよくなかったかな〜と…なきそうだよぅ。
せっかく明るいリズムの日記が続いてて、読む人に楽しい気持ちをくれていたのに。しゅーさんファンに申し訳ない・・・(T-T) 
お勉強も忙しいのかな、とも思うのだけど(就活はまだ?)また是非書いてくださいm(__)m

>「共生」ってみんな探しているのかもしれませんね。うまくいく方法を
うん。人間社会が何千年かけてもきちんと確立された方法を見つけられないんだもんね。これからもずっと、探し続けていくのでしょう。だから、考える、行動することが必要だと思うのです。

>教育基本法は、それでも、現行を支持しておきたいと思います。そしてもっともっと議論が広がって、共生のヒントが生まれてくることをぴよ♪さんとともに願おうと思います。

自分とは違う考えの人を、非難するのでなく、いったん受け留め、その上でよりよい方法を探ろうとする姿勢をうれしく思います。
しゅーさんの生き方、やさしさ、誠実さを尊敬してます。
若いしゅーさんが、これからどんな風に生きていくのか、勝手に楽しみにさせてもらってます^^
また、ネットで会えますように♪

(∩_∩)/
Posted by ぴよ♪ at 2006年05月31日 07:33
>>もしかして私が要らんところに突っ込みを入れたからか?書き方がよくなかったかな〜と…なきそうだよぅ。

それはないですよ〜
たまたま、時期が合っていたんです。
コメントいただけて嬉しかったです。

ちょうど良い時期に、ネット上で様々な方からとても時期に見合った適切なアドバイスをいただけたと思っています。

それから前みたいにいきなり閉鎖とか、そういう極端に走らないように、更新をお休みにしただけですし、それに題名も継続日記ということで、継続を目指しておりますし(^^♪

さらに、ネット上にもこうやって現れていますしね、なんだかんだいっても(^^ゞ

更新しないだけでかなり楽ですよ。
だから、また、ふらふらっとコメントしにきますのでこれからもよろしくお願いいたしますm(__)m

それでは〜
Posted by shooting_stars at 2006年06月01日 14:45
♪しゅーさん
>それはないですよ〜
>たまたま、時期が合っていたんです。

うぅ〜。よかったぁ〜(ぐすぐす)

継続日記が始まった時、数字がついてるのを見て、
3桁とか4桁とかいったら楽しいなぁ^^とこっそり思ってました。

コメント、どうもありがとう(*^^*)
こちらこそ、これからもよろしくですm(__)m
Posted by ぴよ♪ at 2006年06月02日 10:12
こんにちは。先日は私のブログに遊びに来ていただいて、ありがとうございました。
遅ればせながら、「星新一」の話のところにコメント入れておきました。気が向いたら確認がてら、又遊びにいらしてください。
ところで、お箸を正しく持てる人、尊敬してます。自分が凄く不安なもので〜。そのうちにわが娘に伝授してくだされv

横からごめんなさい。
>しゅーさん
ここでお見かけしましたね(笑)しゅーさんのブログの復活もお待ち申し上げておりますv
Posted by サラン at 2006年06月05日 14:54
♪サランさん
こんにちは。コメントありがとうございます^^

お箸の持ち方、私も子供の頃はヘンだったんですよ。
得意になったのは大人になってから箸の持ち方講習を受けたからです^^;
正しい持ち方を覚えると、なぜそれが正しいとされたのかわかるぐらいうまく使えるんですよね^^
ただの食いしん坊なんです^^;

サランさんのブログは本や映画の話など、気になる話題がいっぱいです。
また遊びに行かせていただきますね^^

♪しゅーさん
お勉強、がんばっておられるんでしょうね^^
みんな待ってますので、またお話してください^^
↑ぷれっしゃ〜♪by Billy Jorl
Posted by ぴよ♪ at 2006年06月05日 20:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。