2006年05月11日

頑な

母の何が苦手なのか

人を人として尊重できないところ

偏見で決め付けて、柔軟に考えられないところ

人を傷つける発言は想像力の欠如からくる

それを修正しようとも広げようともしない頑なところ


それでも、100点の人がいないように

0点の人はいないから

「大好きな母」とはいえなくても

いいところも知ってるから

また

電話をかける。

会いに行く。
posted by ぴよ♪ at 09:26| Comment(4) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
えっ???
ぴよ♪ちゃんママとうちの皇太后
同一人物(笑)???
Posted by グメタリオ at 2006年05月12日 21:36
♪ぐめたん
あははは。ムスメは鍛えられるよね^^;
Posted by ぴよ♪ at 2006年05月13日 09:43
こんばんは、ぴよ♪さん。

>>人を人として尊重できないところ

偏見で決め付けて、柔軟に考えられないところ

人を傷つける発言は想像力の欠如からくる

それを修正しようとも広げようともしない頑なところ>>

ああ、うちのおかんも正義心というか道義心というかあまりに強すぎて、自分の直感に頼りすぎて、自分というものがありすぎて、かといって本を読んだりもしないし、苦しい時代を生きてきて、あんたらを必死の思いで育ててきたって、最後には言われてしまうと、もう何もいえません。

おかんは、親戚にめちゃくちゃいわれ続けながらも自分らを学校にやってくれたので。

尊敬していますが、もう、母の生き様を観察するしかないですね、これはもう(^^ゞ
Posted by shooting_stars at 2006年05月13日 20:56
♪shooting_starsさん
おはよーさん^^
団塊の世代&ジュニア以降の親子関係を外から見た感じでは友達親子っぽい人たちが結構多いのかなと感じてますが、しゅーさんのお母さまはきちんと「親」でいらっしゃるのだなぁと思います^^
それはそれで、素敵で、必要なのですよね。

>苦しい時代を生きてきて、あんたらを必死の思いで育ててきたって、
>最後には言われてしまうと、もう何もいえません。
・・・同じ言葉をうちの親からも聞きます^^;私だけでなく他の人からの話も何も聞かないままここまできちゃったなぁ、もっと親の若い頃から「なってほしい方向に向かいそうな言葉」を呪文のように続けてれば少しは変わったかなぁと思うこともあるのですが、親の頭がもっと柔軟だったかもしれない時期には私は生まれてないわけで^^;んでね、とくに子供に何か言われても素直に聞きたくはないんですよね、きっと。親のプライドが邪魔したりもするだろうし^^

また長くなってしまいそうだ^^;
(ええい、くどいっ!と自分で先に言っておく)

前にも書いてますが、お釈迦様の言葉で「自灯明自帰依、法灯明法帰依」ってのがありまして。お釈迦さんがなくなるときに弟子たちが「これから私たちは何を頼りに生きていけばいいんですか」と嘆いたら「自分自身を心の支えとして生きていきなさい、その自分は法(御釈迦さんの教え)に依って修行し続ける自分でありなさい」とおっしゃったんですね。しゅーさんのお母さまもうちの母も自帰依の部分が強いのかなぁ。

>尊敬していますが、もう、母の生き様を観察するしかないですね、これはもう(^^ゞ
ですね^^観察させてくれて、考察させてくれて、しゅーさんの器はより深みを増す、親ってありがたいですね♪・・・^^;
Posted by ぴよ♪ at 2006年05月15日 07:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。